[障害年金]
[障害年金]
障害年金手続はお任せください

1.もらい損ねていませんか?
2.料金表
3.主な対象地域
4.対象となるよくある症例
5.主な実績


1. もらい損ねていませんか?

≪障害年金を受けるメリット≫
1.経済的な土台づくりができる
(受給額の目安 月 6〜12万円 制度等で異なる)
2.働く意欲が醸成される。存在価値が認識できる
3.社会と関わるきっかけがつくれる

≪ もらい損ね ≫
「障害年金を知らんかった」 で、もらい損ねている方が多くいらっしゃいます。
障害年金は請求手続きをして
条件に該当すれば誰でももらえる制度です。
原則は20歳以上の方が受給できます。ただし、手続年齢の上限あり。


≪もらい損ねている理由≫
1.制度を知らない
2.制度は知っているが難しそう。 億劫だ
3.専門的な知識が不足で失敗。もうこりごり



2. 料金表

〇 裁定請求(一般的な請求手続)
着手金 契約時:21,600円
受給決定
後の報酬
年金受給時:
⑴ 年金金額(加算分含む)の2か月分
⑵ 遡及の場合、初回振込み額の10%
上記⑴か⑵のいずれか高いほうの額
諸費用
(実費)
診断書、各種証明書作成費用、印紙代、交通費、振り込み手数料、その他の費用

  ☆ 詳細は別途打ち合わせ
     初回相談料は無料です

〇 審査請求、再審査請求 (不服申し立て)

着手金 契約時:32,400円
受給決定
後の報酬
年金受給時:
⑴ 年金金額(加算分含む)のか月分
⑵ 遡及の場合、初回振込み額の15%
上記⑴か⑵のいずれか高いほうの額
諸費用
(実費)
診断書、各種証明書作成費用、印紙代、交通費、振り込み手数料、その他の費用

  ☆ 詳細は別途打ち合わせ
 初回相談料は無料です



3. 主な対象地域


  奈良県 及び 近畿一円


対象地域以外の皆さまは
「NPO障害年金支援ネットワーク」





4. 対象となる良くある症例
  • うつ病・統合失調症・発達障害・高次脳機能障害など
  • 知的障害(精神遅滞)
  • 化学物質過敏症 
  • 脳梗塞・くも膜下出血など脳血管疾患の後遺症
    脊髄性小脳変性症、脳脊髄液減少症
  • 視力・視野低下。網膜色素変性症、糖尿病性白内障
  • 聴力低下。突発性難聴
  • 心不全症状またはペースメーカー、ICD・人工弁を装着
  • 中皮種・肺気腫・間質性肺炎などの呼吸器疾患
  • 人工関節・人工骨頭を挿入置換
  • 糖尿病とその合併症
  • 肝硬変などの肝疾患。アルコール性肝障害
  • 人工透析
  • 人工膀胱・人工肛門を造設
  • 各種のがん及び各種難病(特定疾患)

(ただし、等級の判定は傷病名ではなくて障害の程度により決まります)

 



5. 主な実績

決定月

主な傷病名

障害等級

29.08

心疾患
ペースメーカー植込

障害厚生年金
3級(認定日)

29.07

広汎性発達障害

障害基礎年金
2級

29.04

心疾患
人工弁装着

障害厚生年金
3級

29.01

肝細胞がん

胆管細胞がん

障害厚生年金
2級

28.10 シャルコ・マリー・トゥース病

障害基礎年金
2級

28.08 肝機能障害

障害厚生年金
3級(認定日)

28.06 器質性精神障害
高次脳機能障害

障害厚生年金
1級(認定日) 

28.05

脳梗塞
症候性てんかん

障害厚生年金
2級
 

28.02

うつ病

障害基礎年金
1級

27.10

脊髄小脳変性症

障害厚生年金
1級

27.06

精神遅滞
広汎性発達障害

障害基礎年金
2級

27.05

パーキンソン病

障害基礎年金
2級

27.04

双極性障害

障害共済年金
2級

27.03

膀胱がん

障害厚生年金
2級(認定日) 

27.02

僧帽弁狭窄症

障害基礎年金
2級
<再審査請求>

27.01

下部胆管がん

障害厚生年金
2級

27.01

広汎性発達障害

障害基礎年金
2級
<審査請求>

26.11

発達障害
うつ状態

障害基礎年金
2級

26.03

統合失調症
広汎性発達障害

障害基礎年金
2級

25.11

肺腺がん

障害厚生年金
2級

24.12

アスペルガー
症候群

障害基礎年金
2級

24.05

脳梗塞

障害基礎年金
1級(認定日)

24.05

統合失調症

障害基礎年金
2級

24.04

気分障害

障害基礎年金
2級

23.11

統合失調症

障害基礎年金
2級(認定日)

23.09

広汎性発達障害

障害厚生年金
2級

23.07

重症うつ病
てんかん

障害厚生年金
2級

23.03

うつ病

障害厚生年金
2級(認定日)





【>> トップページへ】

   

< 主 な 実 績 >
本文にも記しています

決定月

主な傷病名

障害等級

29.08 心疾患
ペースメーカー植込

障害厚生年金

3級(認定日)

29.07

広汎性発達障害

障害基礎年金
2級

29.04

心疾患

人工弁装着

障害厚生年金

3級

29.01

肝細胞がん

胆管細胞がん

障害厚生年金

2級

28.10 シャルコ・マリー・トゥース病 障害基礎年金
2級

28.08

肝機能障害

障害厚生年金
3級(認定日)

28.06

器質性精神障害
高次脳機能障害

障害厚生年金
1級 (認定日)

28.05

脳梗塞
症候性てんかん

障害厚生年金
2級

28.02

うつ病

障害基礎年金
1級

27.10

脊髄小脳変性症

障害厚生年金
1級

27.06

精神遅滞
広汎性発達障害

障害基礎年金
2級

27.05

パーキンソン病

障害基礎年金
2級

27.04

双極性障害 

障害共済年金
2

27.03

膀胱がん

障害厚生年金
2級 (認定日)

27.02

僧帽弁狭窄症

障害基礎年金
2級
再審査請求

27.01

下部胆管がん

障害厚生年金
2級

27.01

広汎性発達障害

障害基礎年金
2級
審査請求

26.11

発達障害
うつ状態

障害基礎年金
2級

26.03 統合失調症
広汎性発達障害
障害基礎年金
2級
25.11 肺腺がん 障害厚生年金
2級
24.12 アスペルガー症候群 障害基礎年金
2級
24.05 脳梗塞 障害基礎年金
1級 (認定日)
24.05 統合失調症 障害基礎年金
2級
24.04 気分障害 障害基礎年金
2級
23.11 統合失調症 障害基礎年金
2級 (認定日)
23.09 広汎性発達障害 障害厚生年金
2級

23.07

重症うつ病
てんかん

障害厚生年金
2級

23.03 うつ病 障害厚生年金
2級 (認定日)
     

<日本年金機構の参考ページ>

障害年金

障害認定基準

診断書・関係書類



 
 

日本年金機構参考ページ

障害年金

障害の認定基準

診断書などの用紙