お知らせ
お知らせ
作成日:2016/02/21
傷病手当金・出産手当金の計算方法が変わります … 4月1日から …



被保険者が病気やケガ、あるいは出産で会社を休んだときは、被保険者とご家族の生活を保障するために健康保険から手当金が支給されます。(国民健康保険は対象外です)

この手当金は被保険者の標準報酬日額(月額の1/30)を基に算出されますが、平成28年4月よりこの計算方法が変更になります。


1.一日当たりの支給金額の計算方法

<平成28年3月31日まで> 
休んだ日の標準報酬月額 ÷30日×2/3

 
<平成28年4月1日から> 
支給開始日以前の継続した
12ヶ月間の標準報酬月額を
平均した額
÷30日×2/3
   

・ これまでに受給していた方も平成28年4月1日支給分から新しい計算方法で支給額を計算します。

・ 手当金の額は原則として一度決定するとその額は固定されます。そのため、受給している途中で標準報酬月額が変更になっても手当金の額は変更されません。


2. 
支給開始日以前の期間が12ヶ月に満たない場合

次の@Aを比べて少ないほうの額を使って計算します。
@   支給が開始される月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額
A   28万円(前年度9月30日における全被保険者の標準報酬月額の平均額)


3. 手当金を受けるための条件

<傷病手当金>
⑴業務外の病気やケガによる療養のために働くことができないこと(労務不能)
⑵連続する3日(待機期間)を含み、4日以上仕事を休んでいること
⑶給与(報酬)の支払がない、または、支払額が傷病手当金より少ないこと
・支給期間…支給開始から1年6ヶ月の範囲
 
<出産手当金>
⑴被保険者が出産した(する)こと
⑵妊娠4ヶ月(85日)以上の出産であること
⑶出産のため仕事を休み。給与(報酬)の支払がない、または、その支払額が出産手当金より少ないこと
・支払期間…原則、出産日以前42日、出産後56日


協会けんぽのチラシです

>> 一覧へ
   

 障害年金画像

≪ 主な実績 ≫

決定月

主な傷病名

障害等級

29.02

心疾患
人工弁装着

障害厚生年金
3級

29.01

肝細胞がん

胆管細胞がん

障害厚生年金

2級

28.10 シャルコ・マリー・トゥース病

障害基礎年金

2級

28.08 肝機能障害

障害厚生年金

3級(認定日)

28.06 器質性精神障害
高次脳機能障害

障害厚生年金
1級(認定日)

28.05

脳梗塞
症候性てんかん

障害厚生年金
2級

28.02

うつ病

障害基礎年金
1級

27.10

脊髄小脳変性症

障害厚生年金
1級

27.06

精神遅滞
広汎性発達障害

障害基礎年金
2級

27.05

パーキンソン病

障害基礎年金
2級

27.04

双極性障害 

障害共済年金
2級

27.03

膀胱がん

障害厚生年金
2級
(認定日)

27.02

僧帽弁狭窄症

障害基礎年金
2級
再審査請求

27.01

下部胆管がん

障害厚生年金
2級

27.01

広汎性発達障害

障害基礎年金
2級
審査請求

26.11

発達障害
うつ状態

障害基礎年金
2級

26.03 統合失調症
広汎性発達障害
障害基礎年金
2級
25.11 肺腺がん 障害厚生年金
2級
24.12 アスペルガー症候群 障害基礎年金
2級
24.05 脳梗塞 障害基礎年金
1級
(認定日)
24.05 統合失調症 障害基礎年金
2級
24.04 気分障害 障害基礎年金
2級
23.11 統合失調症 障害基礎年金
2級
(認定日)
23.09 広汎性発達障害 障害厚生年金
2級

23.07

重症うつ病
てんかん

障害厚生年金
2級

23.03 うつ病 障害厚生年金
2級
(認定日)


<日本年金機構の参考ページ>


障害年金

障害認定基準

診断書・関係書類